④ソーホーからウォール街へ、夜は「オペラ座の怪人」を最前列で!

マーシーアベニューから地下鉄に乗ってマンハッタンのブロードウェイ・ラファイエット・ストリート駅に着きました。

南方向へ歩いていきます。

この地域がソーホーと言われる地域だと思います。

MURAKAMIって書いてあるけど、当然「ハルキ」のほうじゃありません。

MURAKAMIと書いてある画廊の入り口

 

こっちはTシャツには「THIS IS NOT A MOSCHINO TOY」って書いてあります。

熊の並ぶMOSCHINOのショーウィンドウ

 

とにかくぶらぶらします。

なんだかファッショナブルで、ほとんどのお店が私に縁のないお店のように感じられます。

はい、わかってます。感じられるだけではないです、実際そうです。

マンハッタンはそんなに広くないので、ウォール街までこのまま歩いて行けそうって思っていたら、例のあれが見えてきました。

 

Ocullus(オキュラス)。

道路から見えたオキュラス

9.11跡地付近に作られたショッピングモールです。

中へ入ってみました。

とても広いです。

オキュラスの中の広い空間

 

オキュラスの中

オキュラスの外観

 

そのあと、近くにあるTrinity Churchyardへ。

墓地です。

トリニティチャーチヤードの案内図

 

トリニティチャーチヤードに並ぶ墓石

 

墓地からまた少し歩くと有名な雄牛の銅像、チャージング・ブルがありました。

ものすごい人だかりができていて、写真を撮るのもやっとでした。

金運上昇を願って〇〇を触るといいと言われているようですが、とにかく人が多くて胴体に触れるだけで精いっぱいでした。

チャージングブルの勇ましい横顔

 

ニューヨーク証券取引所です。

Santanderの上場10周年を祝う横断幕が張られています。

ニューヨーク証券取引所の外観

 

ニューヨーク証券取引所の前にある「恐れを知らぬ少女像」です。

恐れを知らぬ少女像の後ろ姿

正面です。

恐れを知らぬ少女像の正面

英語でFearless Girl、その心は「立ち向かう少女」といったところでしょうか。

実際は目立たず、すごく小さいです。

紅い矢印の下、楕円で囲んでみました。

小さく見える恐れを知らぬ少女像

チャージング・ブルが人だかりだったのに比べ、こちらは素通りしていく人がほとんどでした。

 

ウォール街を歩いたあとは地下鉄に乗って北上しました。

51st駅で降りてエッサベーグルでベーグルを買い、ホテルまで歩いて帰りました。

ベーグルの具はクリームチーズとサーモンを選びました。

14.43ドル。

エッサベーグルのベーグル

モチモチしたベーグルが美味しかったです。

ボリュームも満足です。

 

朝早くから出かけたので、けっこうあちこち見て回って戻ってもまだ16時前でした。

ベーグルを食べてシャワーを浴びたあと、少し睡眠。

「オペラ座の怪人」を観る前にコンディションを整えます。

何しろ、私のニューヨーク旅行の一番の楽しみだったので、疲労で寝てしまうことのないように万全の対策をして臨みます。

きれいにアイロンをかけたブラウスを着て、いざマジェスティック劇場へ向かいます。

ホテルから劇場までは歩いて7~8分です。

高い宿泊料金を払ってタイムズスクエアに泊まった甲斐あって、帰りも明るく人通りの多い道を歩いて帰って来られました。

 

劇場に着くとファントムの仮面がお出迎えです。

ブロードウェイ オペラ座の怪人の看板

開演1時間前くらいには着きましたが、すでに多くの人が並んでいました。

日本で割引のチケットを購入していたのですが、1階中央もしくは2階前方のどちらか、ということしか購入の時点ではわかっていませんでした。

列を整理している係の人にバウチャーを見せると窓口に行くように言われ、窓口でチケットと交換しました。「BB111」と書かれているのが座席ナンバーらしいです。

チケットを持って列に並び、しばらくすると中に入ることができました。

案内の人にチケットを見せると1階へ行くように言われ、1階中央部の座席番号を見ていくと、ありましたよ、私の席が。

最前列です。

最前列ってちょっと前過ぎるので、本当は前から5列目くらいが一番いいんだろうけど、でも、でもね、かぶりつきにはかぶりつきでしか味わえないよさがありますよね。

演者を間近で見る迫力とか。

「オペラ座の怪人」は舞台装置を使った演出も結構あるので、そういった部分も存分に楽しもうと思うともっと後ろの席や2階前方の方がいいと思いますが、とにかく今日は最前列を楽しみたいと思います。

この劇場自体が劇中のオペラ座の劇場として使われる演出があります。

マジェスティック劇場のバルコニー席

マジェスティック劇場の装飾

オペラ座のシャンデリア。

マジェスティック劇場に飾られたシャンデリア

詳しくは言いませんが、もっと後ろの席の方がこういった装置は楽しめたと思います。

 

座席の話はこれくらいにして、肝心のミュージカルそのものですが、ものすごくよかったです!!

ファントムもクリスティーナも素晴らしかったです。

ラストは泣いてしまいました。

本当に大好きなミュージカルなのでニューヨークで観られてよかったです。

 

最後のはずだったニューヨークの夜は、大満足で終わりました。

この数時間後の深夜というか明け方、JALから欠航のお知らせメールが届きます。

 

タイトルとURLをコピーしました