2019年JGC修行 夫が修行奨励派へ変身、そして発券FOP単価8.23円

「もったいない」という夫の言葉に納得し、JGC修行は諦めたつもりでいました。 ところが、その後、夫が修行奨励派に変身するのです。

転機は修行却下の審判からおよそ半年後、2019年のゴールデンウィークに訪れました。

10連休が話題になったゴールデンウィークに、デルタのスカイマイルを使った特典航空券で旅行をしました。

行きは 中国東方航空で 羽田 → 上海(トランジット24時間、1泊)→ 済州(済州で2泊)

帰りは 大韓航空で   済州 → 成田 

という、旅程でした。

当時は、上海でトランジットしても、日本ー韓国の往復分15000マイルでしたが、いまはこのルートは15000マイルでは行けないようです。

最初に予約したときは、上海に昼前に到着して、同日夕方に済州行きの便に乗る旅程でした。

上海に泊まる予定はなく、上海滞在は7時間前後で済州に3泊のはずだったのですが、搭乗3カ月くらい前に、突然、特典航空券取得おめでとう!みたいなメールがデルタから来て、内容を見ると上海発が翌日に変更になっていました。

あとでデルタのマイル実績を見ると、最初の旅程が一度キャンセルされて、新たに上海に1泊して翌日に上海を発つ旅程で予約が入っていました。それで、特典航空券取得おめでとう!のメールが来たようです。

なぜ勝手にそんなことになったのかというと、夕方発の便がなくなったからなのですが、突然の変更にちょっとびっくりして、デルタに電話で問い合わせたことを覚えています。

「夕方の便がなくなったための変更です、もしキャンセルしたいならマイルは全部お返しします」ということでした。

済州で3泊するつもりでしたが、上海の夜を楽しむのもいいなと思い、キャンセルはせず、上海1泊、済州2泊で予定を組み直しました。

このときデルタの人に「変更って頻繁にあるんですか?」と聞いたところ、「中国東方航空はいきなりの変更が結構あります」と言われました。

中国東方航空を利用するときは、出発まで気を抜けませぬね。

さて、話は戻って、この上海、済州旅行のとき、前年に入会したデルタアメックスゴールドカードの威力がまだ残っていて、私はスカイチームのエリートプラスというステータスでした。

カードを作りさえすれば初年度は誰でもデルタの上級会員(ゴールドメダリオン)になれるという魔法のカードでしたが、次年度年会費が発生する前の、2019年3月に解約していました。

ところが、ありがたいことに2019年のGWの時点ではまだ、デルタのステータスはゴールドのままでした。

GWの羽田の激混みチェックインカウンターで「priority」と書かれた列に並びスムーズにチェックイン、搭乗も優先です。

上海の中国東方航空のチェックインカウンターでは、ゆったりと椅子に座ってチェックイン、ラウンジも利用できるし、済州到着後は荷物がすぐに出てきます。

この旅行での経験が夫の考えを変えました。しきりに私に修行を勧めるようになりました。

しかし、2019年8月現在、私のFOPは12,899ポイント。2018年のおよそ半分しかありません。しかも仕事の環境が変わり、もう当分飛行機に乗る予定もない。残り約37,000ポイントを達成しようと思うと、航空券だけでざっと30万円くらいかかりそう。これに宿泊費や交通費諸々の費用。うーん、もったいない。去年だったら、20万円くらいですんだのかもと思うと、今度は私がもったいなくて二の足を踏んでしまいます。

しかし、修行はここ数年の夢。

やってみたいという欲望と、もったいないという理性の間で揺れに揺れていました。

揺れながらJALの航空券を検索し、獲得できるFOPを調べては計算しまくります。

諸先輩方のブログを見て得た知識で、クアラルンプール発券というものができることを知っていました。クアラルンプール発券の航空券を使って、OKA-KUL、いわゆるKULタッチなるものを3回くらいすれば達成できそうな感じでした。費用は30万円くらい。

でもなあ、羽田-沖縄-クアラルンプールを往復するだけ。本当にただ上級会員になるためだけに30万円使うことになる。そう考えると、後ろめたさともったいなさをどうしても強く感じてしまいます。

はい、貧乏人の性です。あるいは未熟者。

そんなとき目に着いたのが、ある方がブログで提案されていたクアラルンプール発券の修行コース。

プレミアムエコノミーで、ニューヨークに行く旅程です。

クアラルンプール→東京→ニューヨーク→東京→クアラルンプール

FOPは 5407 + 7123 + 7123 + 5407  計25,060FOP

東京とニューヨークで、それぞれ数日間滞在する旅程で検索すると、日にちによっては20万円くらい。

これに日本発券のエコノミーでOKA-KULを足すと解脱できる。OKAーKULタッチの費用は羽田からの沖縄便を入れて10万円くらいになりそう。合計30万円。

私は十数年前にサイパンに行き、4年前にハワイに行きましたが、まだアメリカ本土に上陸したことがありません。アメリカ本土に足を踏み入れることは、数年来の悲願となっていました。

未踏の地、アメリカ本土に行く、そう思うともったいなくない気がしてきました。

旅行ですから。新しい経験をするのですからね。万年エコノミーの私がJALのプレエコにも乗っちゃいます。それなら価値があります。

アメリカ本土初上陸+JALのプレエコ搭乗でニューヨーク、この2つの要素が加わったことで、私の中で「もったいない」は「もったいなくない」へと変換されるのでした。

それから、2、3日はJALのホームページで国際線の航空券を検索し続けます。

少し日にちがずれると料金がだいぶ変わってしまうので、どの組み合わせが一番安いのか、何度も日程を入れ直し、日本発券とクアラルンプール発券の日程を書き出してひとつひとつ確認し、ワクワクしながら作業しました。クアラルンプール発券の検索の仕方がよくわからなくて、最初はだいぶ手間取りました。

そうやって完成したのが、下の表です。

私の生活は、主婦業メイン、ときどきフリーランサー、子育てなし。

日程はかなり自由に組めるので、1か月の短期集中で挑むことにしました。

修行は大きく分けて3回です。

1回目 OKA-KUL 

2回目 ニューヨーク修行旅行

3回目  OKA-KUL 

 

      予想FOP 予想マイル
1回目 10月2日 16:10→18:50 羽田 ⇒ 沖縄 1876 923
10月2日 19:55→20:10 沖縄 ⇒ 羽田 2368 1230
     (自宅泊)    
10月3日 11:20→17:45 成田 ⇒ クアラルンプール エコノミー 2904 3755
10月3日 22:50→4日7:05 クアラルンプール ⇒ 成田 プレエコ 5407 4173
         
2回目 10月9日 10:40→10:35 成田 ⇒ ニューヨーク プレエコ 7123 8404
     (ニューヨーク泊)    
10月12日 13:10→13日16:25 ニューヨーク ⇒ 成田 プレエコ 7123 10421
         
3回目 10月27日 11:20→17:45 成田 ⇒ クアラルンプール プレエコ 5407 5174
10月27 日 22:50→28日6:45 クアラルンプール ⇒ 成田 エコノミー 2904 4256
10月28日 14:55→17:45 羽田 ⇒ 沖縄 2368 1525
     (那覇泊)    
10月29日 10:10→12:20  沖縄 ⇒ 羽田 0  
         
    獲得済FOP 12899  
    合計 50379 39861

チケット代は

   11,910円  特割 

   205,553円  クアラルンプール発券 プレエコ

青        87,900円        日本発券 エコノミー

          0円  特典航空券

合計305,363円 FOP単価≒8.23円 となりました。

日本発券のの間に、のクアラルンプール発券を入れ込んだかたちです。

できるだけ安くしたかったので、最後の沖縄→羽田はマイルを使った特典航空券にしました。

実を言うと、ここまで準備をしてもチケットを買う勇気がありませんでした。

未踏の地、アメリカ本土への旅行が加わったからこそ、修行に踏み込む気持ちになったのですが、当然、それによりニューヨークの旅行費用が加わります。

たった3泊でも物価の高いニューヨークのこと、ホテル代と観光、食事代を合わせると少なくとも10万円は必要です。さらに費用がかさむと思うと、どうしてもまた「もったいない」いう考えが復活します。

うー、悶絶。

「ねえ、もったいなくないかな?」と夫に聞くと、ぴしゃりと一言返ってきました。

もったいなくない!

この断固とした一言が私の背中を決定的に押しました。

夫よ、ありがとう。

8月29、30日の2日間で一気に発券しました。

なぜ、2日間にわけたのかというと、こんなに一気に購入したことがなかったので、できるだけ落ち着いて間違いなく購入したかったのだと思います、多分 。

実は私、過去に何度か1か月間違えて航空券を発券するという過ちを犯しているんです。あはは。

タイトルとURLをコピーしました